★ティーアイプロジェクト★旅案内★

ティーアイプロジェクトメールマガジンのバックナンバーをご紹介

カテゴリ:添乗記

 

そして、本日最後の観光地“立石寺の ”、THE 1015段の階段登り。

 

このお寺は 松尾芭蕉が

 「閑(しずか)さや岩にしみ入る蝉(せみ)の声」を詠んだ寺として有名です。 


 


ドライバーさんが私に

“1015段上れる? 人生観変わるよ!!  宮本さんは上ったよ!!“ と挑発するお言葉。 

ちなみにガイドさんは横で嘲笑。  
(ところどころ、ちょっと意地悪、、、、)

“弊社・TIP3大負けず嫌い  大野實藤山尾 の一人、山尾に言ってしまったか。

と心の中でつぶやき、(恐くてとても口に出せません)いざ出陣!血を吐いても上るわ。

  

はじめの50段くらいで、心臓バクバク・破裂するかと思いましたわ。 

でも、きつかったのは最初だけよ。 ふっふっ、軽く上り切りました。 

ということにしておいて、、、
でも、あんまりにも構えて上ったので、
頂上?へ着いた時には、ちょっと拍子抜け。 

そこから見る景色は絶景です。


 

想像違いばかりですが、それが旅の醍醐味、、百聞は一見にしかず ←至極納得

この日の夜の宴会も大いに盛り上がり長い一日が終わりました。 

 

最終日(4日目)は日本三景の1つ松島へ、、、、
まだまだ、震災の影響が残っておりましたが、
観光客は多く、かなりにぎわっておりました。 
長崎の九十九島に似ています。

 

遊覧船の中でも震災の影響について語られました。 
こののどかで静かな風景を津波が襲ったとは、
信じがたいことでした。
その後、松島名物・
蒲鉾の昼食をとった後

バスにて震災の影響を受けたところを車窓から見ました。

   

後、新幹線+航空便にて帰福。 

ガイドさんへの気遣いは想定外でしたが、
東北の旅行は添乗で行ったとはいえ
 

私にとって感慨深いものであり、とても有意義なものでありました。 

 

バスからの震災跡は筆舌に尽くしがたいものがありました。 

決して興味本意ではなく、事実を知るという意味での見学でしたが、

同じ日本であった事実にしてはあまりに過酷で、神様が与えた試練にしては

あまりにも乗り越えるべき壁が高すぎる気がしました。 東北の方々が一日も早く以前の

生活を取り戻すことができるよう祈ってやみません。 

 


がんばろう!!ニッポン、、、頑張ろう!!東北!!!


 

どうぞ宜しくお願いいたします。 も、、もちろん添乗のご用命も承ります。


旅行を思い立ったら是非ご連絡を!!
経験豊かなスタッフが皆様の旅をサポートいたします。

皆様こんにちは!
≪日程≫

 

26日(土)の朝食は700より。 


朝一番に会場入り
だったつもりが、


昨夜遅くまで飲まれたお客様のほとんどがいらっしゃいました。 

添乗員お決まりの”一人朝食”の私の周りにさりげなく座ってくださるやさしいお客様に心より感謝。

 

よ~~し今日もお客様のために頑張るぞ!! 

 

そして、、、

 

昨日の夜、もう飲むのをやめて部屋に帰ろう!と言ったら、あなた、

うるせ~~って私に言って私をぶん投げたのよ!!“ 

 

”え~すみません~~


なんて会話がちらほら聞こえる中、


バスは(日本三大急流の1つ)
最上川下りへと向かいます。

 

船は70歳くらいの船頭さんの面白い語りとともに、想像とは違いゆっくりと穏やかな川を下って行きます。
色々な国の言葉で同じ歌を唄う
サービス付き。 

 

英語版の歌、行くよ~~が アイ アム ゴー~~でした。大爆笑! 

外人も首をひねるけんどなんでだべや?と船頭さん、首をかしげてました。

 

そのあと、銀山温泉にてコシの入った固めんのお蕎麦の昼食。
少々雪が降っておりました。 


ここでガイドさんの次の隠し玉“卵の燻製” ゆで卵をむいたら、まっ茶色。おいしそ~


でも、ちょちょっとにおいが、、、
賞味後三人とも無言になりました。


さくらんぼの木で作った燻製“スモッちというらしいです。 

梅宮辰夫(のみ)お勧め。

TIPメール編集部 部長 宮本&副部長 実藤(さねふじ)です!

とうとう
美人チーフ
山尾東北添乗記ラストでございます。
 
11月27日(日)
ホテル08:00発---松島市内観光(遊覧船、五大堂・瑞巌寺、蒲鉾の昼食)---
仙台駅・・・(東北新幹線)・・・東京駅・・・浜松町・・・羽田空港⇒福岡空港
どうぞ皆様お楽しみくださいませ★

 

川の端と端をロープで結び、片方の端から駕籠に乗せたダンゴを反対側でキャッチするといったものでした。 

百聞は一見にしかず。 身をもって知りました。

 

それでも斬新!渓谷の上を籠がサーカスのようにゆらゆらと移動して川向うのお客様のもとへと届くのですから。

遠心力を利用して、ひもを中心にくるくる回りながら向こう岸に移動したら、もっと面白いのですが。 

 

 

ここでガイドさんは“ずんだ餅”を買ってくれました。

“ずんだ餅”はお団子に枝豆をつぶしたあんこを付けた仙台名物らしいです。 

ちなみにネットショッピング・楽天でも売ってます。
早めにバスに戻り、お客様が戻られる前に黒ゴマあんのお餅とともに2本いただきました

ガイドさんのお墨付きはおいし~~い!! いいところあんじゃん、ガイドさ~~ん。

 

  

お歯“黒ゴマチェック”

中尊寺(ちゅうそんじ)の金色堂(× きんいろどう  ○ こんじきどう)を見学して、いよいよ1日目の旅館へ。

 

到着後1時間半後に宴会。 

その間にガイドさんお勧めの温泉

旅館と目と鼻の先、“ 滝の湯  ”へ行かれた方も多かったようです。 

お客様の一人に“ 滝の湯”の良さを身体で表現してくださいと言われ、とっさにアドリブが浮かばなかった私。 

プロの添乗員になるのは、まだまだです。まだ悔やんでます。


 

翌朝お客様の一人が、“何でガイドさんがあんなに“滝の湯”を勧めるのかわからん、、、“

と言われておりましたが、民間の大衆浴場が今の時代は珍しいからでしょうか? 

 

宴会は盛大に盛り上がり、(少々モザイクをかけないといけないところも、笑)

元気に2次会にいくお客様を見送り、私の添乗業務は本日これにて終了。

 

後は、一人で温泉タイム、明日の予習をして就寝。

 

いよいよ最終回。 

 
皆様こんにちは!
 

弊社営業の宮本に今後の傾向と対策を聞かなくっちゃ!

 

・・・と思ってもまだ600

 

確か 弊社営業・ガイド歴6年、同じコースへ添乗に行った宮本メールマガジンでは

 

ガイドさんに嫌われてしまったら3日間大変なことになります

とか書かれていたような。 

 

何でお客様では無く、ガイドに気を使うのよ~と腑に落ちない気持ちもありましたが、


 恐る恐るお客様への挨拶はどちらから先にするのか丁重に聞きました。

 

(山尾=実は小心者・・・異議=多分社員全員

 

アンサー イズ・・・

 

    手のひらを見せて、あごでクイっ。 
弊社の社員だったら、

裏に呼んで涙だそうが叱咤+回し蹴りのおまけつき!ですが、 

ここは引きつり笑いを浮かべ、先にお客様に挨拶をいたしました。 

 

最初の休憩場所のサービスエリアは那須高原。 

ここでガイドさんに“しみてん”という、あんドーナツのあんの代わりに

よもぎあん”の入っているようなものを買ってもらいました。

 

自然体で行こうと決めた私、

ここらへんから少しずつガイドさんとのぎくしゃくしていた関係がほぐれてきました。 

 

その後、伊達の牛タンにて昼食。 

このころには、もうすっかり身の上話?が出来る仲になりました。  

そしてお客様の研修が終わり、

私が興味津々だった“空飛ぶダンゴ”です。 タンゴじゃなくてダンゴです。

 

なんと

 

「飛んできた団子をカゴでキャッチする」お店
「うまくとれるかな~落としたらもったいない」

 

と、ここだけやけに頭に残っていた私、 

 

うひゃ~ピッチングマシーンのようなものからダンゴが飛んできて、

お皿でキャッチするんだ。落としたらもったいないというよりも前に、

お客様の洋服が汚れてしまう~

 

真実はいかに??


年だけとっているのに、新人ぶったのが気に障ったのかもしれません。 

ドライバーさんとガイドさんに丁重に挨拶した(つもり、、)が、なぜかガイドさんの冷たい態度。 焦った私、、、こんな時はガガイド(ガイド歴6年)
TIPメール編集部宮本&実藤(さねふじ)です!
引き続き美人チーフ山尾の東北添乗記をお送りいたします。
どうぞお楽しみくださいませ~

こんにちは!!
TIP通信編集部員宮本&實藤(サネフジ)です♪
今回は初の試み!!
添乗記+年末おススメ情報のダブル配信でございます(*^_^*)
少しでも皆様のお役に立てますように・・・☆彡
 
それでは今回からスタート!美人チーフ山尾の添乗記!お楽しみくださいませ~
 
 
先日、弊社の営業・私の次期ポストを狙っているらしい宮本の東北添乗記
をご案内いたしましたが、今回も同じ某有名な健康食品の会社のお客様・第三班
の皆さまの添乗へ山尾が行ってまいりました。
 
コースは同じでも違う視点から見た添乗記ご案内しようと思っております。 
 
皆さま、どうか最後まで飽きずにお読みくださいね。
 
 
まずは日程のご紹介から!!
 
≪日程≫
11月24日(木)
20:00集合 福岡空港⇒羽田空港---ホテル23:30着(泊)
 
11月25日(金)
ホテル06:00発---伊達の牛タン(昼食)---一関(研修)---
厳美渓ーー中尊寺金色堂---鳴子温泉(ますや旅館泊)
 
11月26日(土)
ホテル08:00発---日本三大急流・最上川下り---銀山温泉(昼食と散策)
---山寺:立石寺(1015段の階段登り)---山形蔵王温泉(蔵王国際ホテル泊)
 
11月27日(日)
ホテル08:00発---松島市内観光(遊覧船、五大堂・瑞巌寺、蒲鉾の昼食)---
仙台駅・・・(東北新幹線)・・・東京駅・・・浜松町・・・羽田空港⇒福岡空港
 
 

過去の私の添乗は、

初の海外添乗・ニュージーランドでは、お客様のスーツケースが盗まれ

初の国内添乗・石垣島では、天候不良のため、飛行機が那覇空港に引き返した

 

といったことがあったため、今度は万全の知識と対策を練って出発したかった私。

まずは平仮名読みから勉強を開始しました。 

 

立石寺 → × たていしでら  ○ りっしゃくじ

銀山温泉  → ぎんざんおんせん(あっこれはこのまま、、)

 

 

でも、予習でなんともならないのは実践での経験。 

添乗のベテラン・弊社代表取締役・石川営業部長・のん兵衛・森に聞いても、

 

“大丈夫、大丈夫、その場その場の雰囲気で何とかなるから、、、“

 

なんて、大変親切な言葉しかもらえないため、出発の2週間くらい前から緊張で眠れない夜を過ごしておりました。 

何せ、初心者マーク添乗員の私

出来たら飛行機に乗る時に右足から乗るのか、左足から乗るのかから教えてほしいくらい添乗に慣れておりません。

 

幸い、出発当日の午後に第12班と同じコースに行った元ガイド・弊社の営業・宮本無理やり捕まえて

根掘り葉掘り聞いたのでだいぶ気持ちが落ち着きました。 

それに、

事細かく注意書きのあるマニュアルを作成してくれていたのです。 

ありがとう!宮本! 持つべきものは、思いやりのある社員だ!

ポスト私? 許そう!!勝手に目指してくれ!

 

↑宮本作成・THE 東北添乗攻略メモ(時系列付き)

 

 

なんだかんだと無事、最終便にて福岡空港を出発して、羽田空港へ。

でも、なんでよ~~時間より早く到着したため、迎えのバスが来ておりません。 

焦る気持ちをお客様へ気付かれることなく、携帯に登録してあるバスの運転手さんに電話。

なぜか不機嫌なおじさん対応。 

すみません、

間違えて明日からのバスの運転手さんを起こしてしまいました。

時間は夜中の11時前 

明日の朝早いのに、えらいすみません。

ぺこぺこ電話にて謝っている間に、ほんまもんの運転手さんがのらりくらりと登場。

 

 

ホテルにチェックインできたのは1130p.m.、、、お客さんのほとんどはそのあと、飲みに行かれたようです、、

ちょっと羨ましく思いつつも、、私は明日の予習をして就寝。 

学生時代にも予習なんてしたこと無かったのにね。ふふっ

 

 

 

600出発のため、(東北は遠いのよ)530a.m.から張り切ってフロント前にて待機。 

出発時間になっても2人ほど足りません。

そんな時は、あせらずフロントスタッフへ相談すぐに部屋番号判明。 

別の社員の方が起こしに行ってくださいました。 

遅刻した男性2名、こってり油をしぼられている間に、、、、、

 

 

私にとって本日のメインイベント

ドライバーさんとガイドさんとのたいめ~~ん。

 

“新人添乗員なので、色々と教えてください。よろしくお願いいたします”と深く頭を下げました。

(ここまでは宮本と同じ) ちなみに、乗務員さん2名は第一班の時と同じです。

 

しか~~しガイドさんから冷たい一瞥、、、第一印象落選(涙・涙) 

 

半日近くほとんどしゃべってもらえませんでした。 お~い宮本、聞いていたのと違うぞ~~

 

 

はてさてこの後の展開はいかに、、、次週に続く、、、、。

 

このページのトップヘ